サブリースで安定した運営を望めるようになる

模型

不動産に投資する

紙幣を持つ人

不安の少ない投資を

不動産投資を行いたいとき、アパートを購入したとしても自分で家賃を取り立てたり、空室を埋めていく努力をしなければなりません。そこで、不動産会社が一括借り上げ、通称サブリースを行っています。内容は家賃を保証してくれること、空室があってもそのリスクを保証してくれることなどが挙げられます。一括で30年借り上げなどを行ってくれる会社もあり、あくまで新築物件に限られますが、入居者とのいざこざなどを回避したい、あまりアパート経営の知識がない人にとっても、一括借り上げしてもらうことでオーナーとしての立場でアパートが経営できます。ただ、他人任せになるという点は少し考えておかなければなりません。保証をしてくれるとは謳っていますが、オーナーは貸主の自分ですので、何かあると責任を負う場合があるということを、しっかり一括借り上げ契約時に確認しておくべきです。

本当に何十年も保証か

一括借り上げ、サブリースをなぜ積極的に推し進める会社が多いのか。30年も全室の家賃を保証できるとは思えません。その答えの一つとして言えるのは、家賃が2年ごとに交渉で変わるということです。たいていは建物の老朽化や周囲の変化で目新しくなくなり、安くなる一方で不動産会社に不利でないようになります。また、保証するためや修繕用の料金でいくらか取られていて、しばらくはそれよりも上回る家賃が入ってくるかもしれませんが、それが下回るようになってしまったときに契約を解除したくなると思います。そもそも一括借り上げ用の住宅建設は周辺より建設費用が高くなりがちで、10%の空室を想定した上で不動産会社は家賃保証をしています。放っておいても満室になり続けるような建物ならばサブリースを頼むのは不適格かもしれませんが、あまりに建物の価値が下がり続けるのであっても適さない、もしくは早めに対策しなければならないでしょう。